未分類日記画集短歌池澤夏樹池田晶子石牟礼 道子井上荒野打海文三垣谷美雨奥田英朗梶尾真治鎌田慧熊谷達也佐藤正午重松清篠田節子青来有一瀬尾まいこ高木 彬光高村薫津本陽辺見庸広瀬正町田康三浦しをん水谷修宮部みゆき山崎ナオコーラ山本幸久渡辺球「考える人」編集部ジョン・アーヴィングアリス・アダムズマーガレット・アトウッドヤン・アベリランス・アームストロングロナルド・アンソニージェニファー・イーガンケルテース・イムレリュドミラ・ウリツカヤマーガレット・エドソンキム・エドワーズフラナリー・オコナーポール・オースターイタロ・カルヴィーノジョイス・キャロル・オーツフィリップ・グランベールフィリップ・クロデールイーサン・ケイニンクラウス・コルドンジョゼ・サラマーゴシルヴィー・ジェルマンアーダルベルト・シュティフターベルンハルト ・シュリンクジョン・スタインベックスタンダールジョーダン・ソーネンブリックソルジェニーツィンエイミー・タンイヴァン・ツァンカルリディア・デイヴィスアイザック・ディネーセン ヨハンナ・ティデルドストエフスキートルストイジョアン・ハリスメリッサ・バンクメイブ・ビンチージャック・フィニイケン・フォレットファニー・フラッグレイ・ブラッドベリタナ ・フレンチリチャード・ブローティガンヘルマン・ヘッセカーレド・ホッセイニアンドレイ・マキーヌロン・マクラーティエリザベス・マクラッケンカーソン・マッカラーズユベール・マンガレリスティーヴン・ミルハウザーマーシャ・メヘラーンモームジェフリー・ユージェニスK・J・ラミンフィリップ・ロスロイス・ローリードリス・レッシングマイク・レズニックノンフィクション・エッセイ他ローリングス海外ミステリー南米の作家
読書記録です。
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.07.15 Tue
2007年8月10日発行  文芸春秋  1619円



やっと図書館から廻ってきました。
上巻を読んだのが2月だったので、下巻を読みながら上巻の内容を思い出していく感じでした。
そのせいか、それほど面白いとは思いませんでした。
とくに疑問を感じたのは、娘を殺害するに至った親の理屈と、それに対する前畑滋子の反応です。
自分で生んだ娘なので自分の手で殺害した、という親が言うと、
「私には子どもが居ません。子育ての難しさも喜びも知りません。それでも思うんです。どうしようもなく、理由なんかなしに、そういうことが起こるときがあるんだって」
と前畑滋子が答えます。
この親に対して、この答えはまったく納得できないです。
自分に子どもが居る居ないに関係なく、子どもは親の所有物ではない、というのは自明の利ですよ。
こんなことを言っていたら、親の犠牲になって死んでいく子どもは浮かばれないと思います。
前畑滋子はジャーナリストなんだから、こんなぼんやりした意見じゃなく、犯罪というものに対してもっとしっかりした考えを持っているはずじゃないだろうか、とも思いました。
無性に後味が悪い読後でした。

スポンサーサイト
2008.02.08 Fri

2007年8月10日発行  文藝春秋  1619円


02902240.jpg
宮部みゆき人気は相変わらず、すごいですね。図書館に予約したのが昨年の8月です。ようやく順番が回って来ましたよ。
「模倣犯」にも登場したライターの前畑滋子が主人公です。あれから九年の歳月が流れました。今はフリーペーパーを作る小さな会社でひっそりと仕事をしてる前畑滋子は、昔の知り合いの編集者からたのまれ、萩谷敏子という中年女性の話を聴くことになりました。小学六年生の一人息子を交通事故で亡くしたばかりの敏子は、息子には超能力があったのだろうかと、滋子に相談を持ちかけました。敏子は、息子が事故死したのちに発覚した殺人事件の絵が、息子のノートに描かれていると滋子に持参したノートを広げて見せました。

Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。