未分類日記画集短歌池澤夏樹池田晶子石牟礼 道子井上荒野打海文三垣谷美雨奥田英朗梶尾真治鎌田慧熊谷達也佐藤正午重松清篠田節子青来有一瀬尾まいこ高木 彬光高村薫津本陽辺見庸広瀬正町田康三浦しをん水谷修宮部みゆき山崎ナオコーラ山本幸久渡辺球「考える人」編集部ジョン・アーヴィングアリス・アダムズマーガレット・アトウッドヤン・アベリランス・アームストロングロナルド・アンソニージェニファー・イーガンケルテース・イムレリュドミラ・ウリツカヤマーガレット・エドソンキム・エドワーズフラナリー・オコナーポール・オースターイタロ・カルヴィーノジョイス・キャロル・オーツフィリップ・グランベールフィリップ・クロデールイーサン・ケイニンクラウス・コルドンジョゼ・サラマーゴシルヴィー・ジェルマンアーダルベルト・シュティフターベルンハルト ・シュリンクジョン・スタインベックスタンダールジョーダン・ソーネンブリックソルジェニーツィンエイミー・タンイヴァン・ツァンカルリディア・デイヴィスアイザック・ディネーセン ヨハンナ・ティデルドストエフスキートルストイジョアン・ハリスメリッサ・バンクメイブ・ビンチージャック・フィニイケン・フォレットファニー・フラッグレイ・ブラッドベリタナ ・フレンチリチャード・ブローティガンヘルマン・ヘッセカーレド・ホッセイニアンドレイ・マキーヌロン・マクラーティエリザベス・マクラッケンカーソン・マッカラーズユベール・マンガレリスティーヴン・ミルハウザーマーシャ・メヘラーンモームジェフリー・ユージェニスK・J・ラミンフィリップ・ロスロイス・ローリードリス・レッシングマイク・レズニックノンフィクション・エッセイ他ローリングス海外ミステリー南米の作家
読書記録です。
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.04.25 Fri
2000年1月20日発行  水声社  2600円


1995年度の「ゴンクール賞」「メディシス賞」「高校生が選ぶゴンクール賞」受賞作品です。
フランス人の祖母の人生と、ロシア人の少年が大人になる過程を描いた作品です。作者の自伝的要素が強いそうです。

田舎に住む祖母の元で夏休みを過ごす少年は、アパートのバルコニーで、祖母からフランスの話を聴きます。
目には見えない未知の大陸がふいバルコニーに出現したかのように少年は祖母の語る世界に飲み込まれていきます。

祖母のシャルロットの人生が色彩や匂いを伴って、ワンシーンごとに鮮やかに浮かび上がってきます。
特に印象に残ったのは、戦争で手足を失ったサモワールと呼ばれる人々のことを描いたシーンです。車輪の付い箱に乗った一人のサモワールに貨幣を無心されたシャルロットが、紙幣を一枚渡そうとすると、他のサモワールがナイフを口にくわえて突進してきました。他のサモワールもそこに加わり、サモワール同士の乱闘になってしまいました。ある日、何台ものトラックが来て、町にいたサモワールたちを警備隊が荷物のように摘んで、どこかに走り去っていき、サモワールは町から姿を消してしまいました。
シャルトッはサモワール達の乱闘を、「あの人たちはお金のために戦っていたわけじない。人生に復讐するため。人生の愚かさに。人生の残酷さに」と、少年に話して聴かせます。
戦争に行っていたシャルロットの夫が帰ってきた場面も印象的です。道端で夕食にしようと、ディルを摘んでいたシャルロットは、遠くから歩いてくる夫に気がつきました。けれど、二人は賭けよりもせず、抱擁もせず、ただ微笑み、シャルロットは手にしていたディルをそっと振ります。
静かな映画のような光景が頭に浮かんできました。
スポンサーサイト
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。