未分類日記画集短歌池澤夏樹池田晶子石牟礼 道子井上荒野打海文三垣谷美雨奥田英朗梶尾真治鎌田慧熊谷達也佐藤正午重松清篠田節子青来有一瀬尾まいこ高木 彬光高村薫津本陽辺見庸広瀬正町田康三浦しをん水谷修宮部みゆき山崎ナオコーラ山本幸久渡辺球「考える人」編集部ジョン・アーヴィングアリス・アダムズマーガレット・アトウッドヤン・アベリランス・アームストロングロナルド・アンソニージェニファー・イーガンケルテース・イムレリュドミラ・ウリツカヤマーガレット・エドソンキム・エドワーズフラナリー・オコナーポール・オースターイタロ・カルヴィーノジョイス・キャロル・オーツフィリップ・グランベールフィリップ・クロデールイーサン・ケイニンクラウス・コルドンジョゼ・サラマーゴシルヴィー・ジェルマンアーダルベルト・シュティフターベルンハルト ・シュリンクジョン・スタインベックスタンダールジョーダン・ソーネンブリックソルジェニーツィンエイミー・タンイヴァン・ツァンカルリディア・デイヴィスアイザック・ディネーセン ヨハンナ・ティデルドストエフスキートルストイジョアン・ハリスメリッサ・バンクメイブ・ビンチージャック・フィニイケン・フォレットファニー・フラッグレイ・ブラッドベリタナ ・フレンチリチャード・ブローティガンヘルマン・ヘッセカーレド・ホッセイニアンドレイ・マキーヌロン・マクラーティエリザベス・マクラッケンカーソン・マッカラーズユベール・マンガレリスティーヴン・ミルハウザーマーシャ・メヘラーンモームジェフリー・ユージェニスK・J・ラミンフィリップ・ロスロイス・ローリードリス・レッシングマイク・レズニックノンフィクション・エッセイ他ローリングス海外ミステリー南米の作家
読書記録です。
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.11.27 Fri
羽田ハブ空港化構想に森田健作千葉県知事が激怒したニュースで、成田空港が建設された際の抗争が映つし出されていたのを見て、『抵抗する自由』(鎌田慧)を読んだ。

ニュースでは成田闘争は過去の出来事のように言っていたが、成田空港の滑走路の正面で今も数家族が農業をしながら暮らしている。
成田問題は、未だに解決していなかったのだ。

『抵抗する自由』と一緒に、『苦海浄土』のなかで石牟礼道子が繰り返し読んだ書いていた林竹二の田中正造の本も、図書館から借りてきた。『林竹二著作集3 田中正造 その生涯と思想』

成田闘争は昭和40年代、田中正造がその生涯を賭けて関わった足尾銅山の鉱毒事件は明治時代の後半だが、手段を選ばず農民を立ち退かせようとする政府のやり口は驚くほど似ている。

『田中正造 その生涯と思想』には、田中正造の日記が抜粋されている。

国民は法律師の奴隷たるべからず。
被害民は、被害地を指して、我はこの土地の所有者たることを忘れるべからず。


日本の気風は、下より起こらず、上よりす、民権も官よりす。
日本の民権は、民人より発揚せるにはあらざるなり。
憲法すら上よりせり。ああ一種不思議の気風なり。
日本今ま(ママ)君主制国の如く、立憲の如く、盗賊国の如し。危うし、危うし。


田中正造が嘆いた日本の気風は、100年後の今もあまり変わっていないように思う。

議員を辞めて谷中村に入った田中正造の生き方に、林竹二は深く迫っている。
田中正造の意識は、谷中村の村民と行動に共にするなかで大きく変容して行った。
正造自身はそれを、「天国へゆく道ぶしん(普請)」と名づけていた。

「天国へゆく道ぶしん」について理解できるようになるまで、私も何度か読みた返したいと思う。


『林竹二著作集3 田中正造 その生涯と思想』 0985年1月発行 筑摩書房  1600円
『抵抗する自由』  鎌田慧著 2007年5月発行 七つ森書房  1800円
02790929.jpg
スポンサーサイト
2008.06.16 Mon

ウィルス駆除ソフトなんですけど、皆さん、何をお使いなんでしょう。
私は、何年も使えるというソースネクストウィルスセキュリティーZEROを使っていたんですが、エラーが出て、いろいろ試してみても改善されないので、最近ウィルスバスター2007の三ヵ月お試し版をダウンロードしてみたんですよ。
ところが、これが起動に時間がかかるし重いんですよ。
突然、アップロード画面になるのも気になります。
お試し期間が終わったら、別のお試しソフトか、フリーソフトを使ってみようと思います。
何が、いいのかなあ……

Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。