未分類日記画集短歌池澤夏樹池田晶子石牟礼 道子井上荒野打海文三垣谷美雨奥田英朗梶尾真治鎌田慧熊谷達也佐藤正午重松清篠田節子青来有一瀬尾まいこ高木 彬光高村薫津本陽辺見庸広瀬正町田康三浦しをん水谷修宮部みゆき山崎ナオコーラ山本幸久渡辺球「考える人」編集部ジョン・アーヴィングアリス・アダムズマーガレット・アトウッドヤン・アベリランス・アームストロングロナルド・アンソニージェニファー・イーガンケルテース・イムレリュドミラ・ウリツカヤマーガレット・エドソンキム・エドワーズフラナリー・オコナーポール・オースターイタロ・カルヴィーノジョイス・キャロル・オーツフィリップ・グランベールフィリップ・クロデールイーサン・ケイニンクラウス・コルドンジョゼ・サラマーゴシルヴィー・ジェルマンアーダルベルト・シュティフターベルンハルト ・シュリンクジョン・スタインベックスタンダールジョーダン・ソーネンブリックソルジェニーツィンエイミー・タンイヴァン・ツァンカルリディア・デイヴィスアイザック・ディネーセン ヨハンナ・ティデルドストエフスキートルストイジョアン・ハリスメリッサ・バンクメイブ・ビンチージャック・フィニイケン・フォレットファニー・フラッグレイ・ブラッドベリタナ ・フレンチリチャード・ブローティガンヘルマン・ヘッセカーレド・ホッセイニアンドレイ・マキーヌロン・マクラーティエリザベス・マクラッケンカーソン・マッカラーズユベール・マンガレリスティーヴン・ミルハウザーマーシャ・メヘラーンモームジェフリー・ユージェニスK・J・ラミンフィリップ・ロスロイス・ローリードリス・レッシングマイク・レズニックノンフィクション・エッセイ他ローリングス海外ミステリー南米の作家
読書記録です。
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.08.30 Sat
2008年8月10日発行  白水社 1800円



2003年に「メディシス賞」、2005年に「アジア地区の高校生が選ぶセガレン賞」を受賞しています。
フリップ・ロスのところで駄弁な作家とだ書きましたが、ユベール・マンガレリの本に登場するのは、殆どが寡黙な人々です。発っせられた言葉そのものより、言葉の周辺や奥にあるものを、情景のなかで表現しようとする作家です。
女性には興味が持ちずらい表題の本ですが、戦闘シーンなどは殆どなく、人との出会いが淡々とした文章で綴られています。戦争を題材にした小説が苦手な私でも抵抗なく読めました。

作品のなかでは詳しく語られていませんが、あとがきによると、舞台になったのは1919年のロシア戦線です。
ロシア赤軍に入隊した語り手のベニヤは、進軍を続けるなかで、三人の仲間と出会いました。それは天涯孤独のベニヤにとって、他人と親密な関係を築いた初めての体験でした。物資がと乏しく、厳しい野営地の生活のなかでも、彼らは楽しみを見つけ、思い出を積み上げていきます。そんな四人に一人の少年兵が加わりました。いつもノートに文字を書きつらねている少年を見て、四人は自分達のことをノートに書いて欲しいと望みました。

親しい人の傍で、ただじっとしている。そんなときの静かで満ちたり気分を思い起こさせてくれる一冊です。



スポンサーサイト
2008.07.08 Tue
2005年12月10日発行 白水社 1600円



実際に起っていることと、そのときの心の動きの間に隔たりがある場合があります。
目の前で起きていることを受け止めたくないという無意識の防御なのかもしれないし、他に違う理由があるのかもしれません。 普通だったら心の隅に追いやられてしまいそうなそんな些細な思いが、とても上手く表現されている小説です。

主人公の少年は、住んでいるところも年齢も明記されていません。 少年の家には、病気で伏している父親が居ます。
仕事に行く途中の露天でトビを見つけた少年は、どうしても欲しい、と思いました。
少年の仕事は養老院で暮らしているお年寄りの散歩に付き添うことです。
なかなかトビを買うお金がたまらない少年は、養老院のそばに住んでいるボルグマンという男性からある仕事を持ちかけられました。
トビを買うために気が進まない仕事を引き受けた少年は、そのことを父に打ち明けます。
少年と父はとても親密な関係です。少年は、どんな話しをしても受け止めてもらえると父を信頼しています。
少年の話を聴いた父は、
「むかし、父さんもある経験をした。
ふつうならつらいと感じるようなことだったが、おれはそう感じなかった。だが、そのかわり、自分は独りだと、これ以上ないほど独りだと感じた」と話します。

少年が犬を連れて雪の中を歩くようす、オレンジ色の電球に照らされたトビ、天井で踊る影など、物語は鮮明な映像が浮かんでくるような美しい描写に満ちています。
読んでいる最中、そばで静かに話しかけられているような感じがしました。
2008.06.27 Fri
2005年7月10日発行  白水社 1600円
02571002.jpg

子どもが主人公の短い物語です。
主人公の少年は父親と二人で、目の前に背の高い草むらがある家で暮らしています。
草むらの向こうには父が以前、働いていた大きな工場があります。その工場を解雇されて以来、父は定職につけず、親子は貧しい暮らしを強いられています。
少年の楽しみは、何キロも続く草むらのなかを歩くことです。ひとりで何時間も草むらのなかを歩きながら、少年はさまざまなことに思いを巡らします。

家は貧しく、父はモラルに欠ける人物で、友達もいない少年ですが、少年は満ち足りた気持ちで日々を過ごしています。
人が羨むようなものは何も持っていないこの少年を、本を読みながら私は羨ましいと思いました。
読んでいると、気持ちがシンと静まってきます。
幸せ、というと何か特別なものを手に入れたり、嬉しい出来事があったりと思いがちですが、何もない淡々とした日々のなかでも、心の有りようで満ち足りた日々を過ごせると、気づかせてくれます。
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。