未分類日記画集短歌池澤夏樹池田晶子石牟礼 道子井上荒野打海文三垣谷美雨奥田英朗梶尾真治鎌田慧熊谷達也佐藤正午重松清篠田節子青来有一瀬尾まいこ高木 彬光高村薫津本陽辺見庸広瀬正町田康三浦しをん水谷修宮部みゆき山崎ナオコーラ山本幸久渡辺球「考える人」編集部ジョン・アーヴィングアリス・アダムズマーガレット・アトウッドヤン・アベリランス・アームストロングロナルド・アンソニージェニファー・イーガンケルテース・イムレリュドミラ・ウリツカヤマーガレット・エドソンキム・エドワーズフラナリー・オコナーポール・オースターイタロ・カルヴィーノジョイス・キャロル・オーツフィリップ・グランベールフィリップ・クロデールイーサン・ケイニンクラウス・コルドンジョゼ・サラマーゴシルヴィー・ジェルマンアーダルベルト・シュティフターベルンハルト ・シュリンクジョン・スタインベックスタンダールジョーダン・ソーネンブリックソルジェニーツィンエイミー・タンイヴァン・ツァンカルリディア・デイヴィスアイザック・ディネーセン ヨハンナ・ティデルドストエフスキートルストイジョアン・ハリスメリッサ・バンクメイブ・ビンチージャック・フィニイケン・フォレットファニー・フラッグレイ・ブラッドベリタナ ・フレンチリチャード・ブローティガンヘルマン・ヘッセカーレド・ホッセイニアンドレイ・マキーヌロン・マクラーティエリザベス・マクラッケンカーソン・マッカラーズユベール・マンガレリスティーヴン・ミルハウザーマーシャ・メヘラーンモームジェフリー・ユージェニスK・J・ラミンフィリップ・ロスロイス・ローリードリス・レッシングマイク・レズニックノンフィクション・エッセイ他ローリングス海外ミステリー南米の作家
読書記録です。
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.06.27 Fri
2001年2月25日発行 NHK出版  2300円

82b582eb82cc82e282dd.jpg

ここ数年読んだ本のなかでもっとも衝撃的な内容のフィクションでした。
会話が各個で括られていない独特の文体で書かれていますが、そんなことは全く気にならず、ページをめくる手が止まりませんでした。
ジョゼ・サラマーゴはポルトガル人作家で、1998年にノーベル文学賞を受賞しています。

 

車を運転していた男性が突然、失明した。
ふつうの失明のように闇に包まれるのではなく、男性の視界は輝くような白一色でさえぎられた。この男性に近づいた人々も次々に失明していった。政府は失明した人々を隔離することした。失明した人々は、今は使われていない精神病院に強制的に収容され、そこで盲人だけの生活を送ることになった。ところが、その中で、眼科医の妻だけが失明していなかった。盲人になり、精神病院に送られてくる人は増え続け、精神病院のなかは武器を持った暴徒に支配されてしまう。

――誰でも知っているように、悪事はつねに人がもっとも簡単に出来ることだ――

本の中の文章ですが、極限状態に追い込まれた人々が、人間としてのプライドを失っていく様子が克明に描かれています。
本を読みながら映画を観ているようだと思ったところ、実際に映画化もされていて日本では2008年11月公開だそうです。

スポンサーサイト
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。