未分類日記画集短歌池澤夏樹池田晶子石牟礼 道子井上荒野打海文三垣谷美雨奥田英朗梶尾真治鎌田慧熊谷達也佐藤正午重松清篠田節子青来有一瀬尾まいこ高木 彬光高村薫津本陽辺見庸広瀬正町田康三浦しをん水谷修宮部みゆき山崎ナオコーラ山本幸久渡辺球「考える人」編集部ジョン・アーヴィングアリス・アダムズマーガレット・アトウッドヤン・アベリランス・アームストロングロナルド・アンソニージェニファー・イーガンケルテース・イムレリュドミラ・ウリツカヤマーガレット・エドソンキム・エドワーズフラナリー・オコナーポール・オースターイタロ・カルヴィーノジョイス・キャロル・オーツフィリップ・グランベールフィリップ・クロデールイーサン・ケイニンクラウス・コルドンジョゼ・サラマーゴシルヴィー・ジェルマンアーダルベルト・シュティフターベルンハルト ・シュリンクジョン・スタインベックスタンダールジョーダン・ソーネンブリックソルジェニーツィンエイミー・タンイヴァン・ツァンカルリディア・デイヴィスアイザック・ディネーセン ヨハンナ・ティデルドストエフスキートルストイジョアン・ハリスメリッサ・バンクメイブ・ビンチージャック・フィニイケン・フォレットファニー・フラッグレイ・ブラッドベリタナ ・フレンチリチャード・ブローティガンヘルマン・ヘッセカーレド・ホッセイニアンドレイ・マキーヌロン・マクラーティエリザベス・マクラッケンカーソン・マッカラーズユベール・マンガレリスティーヴン・ミルハウザーマーシャ・メヘラーンモームジェフリー・ユージェニスK・J・ラミンフィリップ・ロスロイス・ローリードリス・レッシングマイク・レズニックノンフィクション・エッセイ他ローリングス海外ミステリー南米の作家
読書記録です。
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.08.02 Sat
1992年2月発行 筑摩書房 680円



「バベットの晩餐会」は映画を見ていて、とても好きな作品です。
著者はイサク・ディネーセンとなっていますが、アイザック・ディネーセンと同一人物です。
「アフリカの日々」が良かったので、こちらも読んでみました。

マチーヌとフィリッパという中年の姉妹は、ノルウェーの寒村で暮らしていた。
カリスマ的な牧師だった父の後を継いだ姉妹は、信者の相談にのったり、信者と天国について語りあったりしながら慎ましい生活を送っていた。
そんな姉妹の家には、バベットというフランス人の家政婦がいた。
フランス革命を逃れたバベットは、姉妹の知人の紹介でノルウェーのこの村にやってきたのだった。
バベットが姉妹の家で暮らすようになってから14年後の秋、フランスの切手が貼られた1通の手紙が、バベットの元に配達された。友人に頼んでフランスの富くじを買っていたバベットに、1万フランが当たったという報せが届いたのだった。
その年の12月15日は、ちょうど今は亡き牧師の生誕百年の記念日に当だった。
バベットは百年祭に振舞う料理の全てを自分に任せて欲しい、それにかかる費用も自分に払わせて欲しい、と姉妹に申し出た。

本には他に「エーレンガード」という物語も併録されています。
こちらは、王子様やお姫様も登場する120年前のヨーロッパの小国が舞台になった物語です。

バベッドもエーレンガードも、特に信仰心が篤かったり、知的だったりするわけではないのに、しっかりとした信念を持って行動する女性です。
どちらも女性達の潔い決断が、とても心地良い物語です。
スポンサーサイト
2008.07.25 Fri
1998年6月30日33刷  晶文社 2500円


著者のアイザック・ディネーセン{1885~1962)は、デンマーク生まれの女性作家です。
27歳で結婚したディネーセンは、その後の18年間をアフリカで過ごしました。
本書はディネーセンがアフリカで過ごした日々を綴った本で、これはもう素晴らしいです。 本を読むことで、優雅で気品に満ちた動物と気高い人々が暮らす美しい世界へと旅立てます。 ディネーセンが見たアフリカを見、そのときディネーセンが感じたように胸を震わすことがでます。

この本を読んで感じる心地よさは、ディネーセンの感受性の豊かや、人を見る目の深さなど、その精神性の高さに起因するものだろうと思います。

『誇りについて』という項目でディネーセンは、
「誇りとは、人間を作ったときに神がもったであろう観念への信仰である」と言い、
「誇りを持たない人々は、他人がこれこそ成功だと確証するものを受け入れ、幸せを享受し、自己という存在さえも、その日その日の噂によって決めてしまう」と嘆いています。
「誇りを持たない人々」とは、まさに日本の今の私達のことではないかと思いました。

人生のなかでさまざまな困難と向き合ったディネーセンは、 『人生の軌跡』と題し、幼いころ覚えた物語を紹介しています。
ある大きなもの音を聞いた一人の男が、音の原因を探してあちこちさ迷い、何度も石につまずいたり、溝に落ちたりする。それでも男は音のする方を目指して歩いて行く。
この物語に添って線を描くと、コウノトリの絵ができあがるという絵描き歌のような物語です。
ディネーセンは、この物語に慰めらる、と書いています。
「この人は変な音を探るという目的を見失わず、どんな目にあっても家に帰ったりしなかった。 歩むべき道をあゆみきわめ、信念を持ち続けた。この人はその報いを得た。朝になってコウノトリを見ることが出来たのだ。 きっと、このとき大声で笑ったにちがいない。
この土壇場、いま私が陥っている暗い穴。これはどんな猛禽の爪にあたるのだろうか。 私の人生が終わったとき、私はきっとコウノトリをみるのだろう。それとも、誰かほかの人たちがコウノトリを見るかもしれない」と記しています。
ディネーセンが描いたコウノトリは、本書のなかに凛とした美しい姿を留めています。

Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。