未分類日記画集短歌池澤夏樹池田晶子石牟礼 道子井上荒野打海文三垣谷美雨奥田英朗梶尾真治鎌田慧熊谷達也佐藤正午重松清篠田節子青来有一瀬尾まいこ高木 彬光高村薫津本陽辺見庸広瀬正町田康三浦しをん水谷修宮部みゆき山崎ナオコーラ山本幸久渡辺球「考える人」編集部ジョン・アーヴィングアリス・アダムズマーガレット・アトウッドヤン・アベリランス・アームストロングロナルド・アンソニージェニファー・イーガンケルテース・イムレリュドミラ・ウリツカヤマーガレット・エドソンキム・エドワーズフラナリー・オコナーポール・オースターイタロ・カルヴィーノジョイス・キャロル・オーツフィリップ・グランベールフィリップ・クロデールイーサン・ケイニンクラウス・コルドンジョゼ・サラマーゴシルヴィー・ジェルマンアーダルベルト・シュティフターベルンハルト ・シュリンクジョン・スタインベックスタンダールジョーダン・ソーネンブリックソルジェニーツィンエイミー・タンイヴァン・ツァンカルリディア・デイヴィスアイザック・ディネーセン ヨハンナ・ティデルドストエフスキートルストイジョアン・ハリスメリッサ・バンクメイブ・ビンチージャック・フィニイケン・フォレットファニー・フラッグレイ・ブラッドベリタナ ・フレンチリチャード・ブローティガンヘルマン・ヘッセカーレド・ホッセイニアンドレイ・マキーヌロン・マクラーティエリザベス・マクラッケンカーソン・マッカラーズユベール・マンガレリスティーヴン・ミルハウザーマーシャ・メヘラーンモームジェフリー・ユージェニスK・J・ラミンフィリップ・ロスロイス・ローリードリス・レッシングマイク・レズニックノンフィクション・エッセイ他ローリングス海外ミステリー南米の作家
読書記録です。
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.07.05 Sun
2003年1月23日発行  講談社  各684円
02276196.jpg  02276197.jpg

高村薫の直木賞を受作品です。

『マークスの山』は、合田雄一郎が登場するシリーズで、『照柿』の前の物語です。
         ***********************************
平成四年十月五日、都立大裏の路上で、畑山宏という暴力団員が頭をえぐられて殺された。
三日後の十月七日、王子の国家公務員住宅の前で、法務省刑事局次長の松井が、同じような凶器を使用して殺されているのが発見された。
捜査に当たっていた合田雄一郎をはじめとする強行犯捜査班3係の刑事たちは、畑山宏の弁護士林原と、殺された松井が同じ大学の山岳部に所属していたことをつきとめた。
         ***********************************
換気の悪い組織のなかで、いらだちを募らせつつ捜査に当たる刑事たちの姿が丁寧に描かれます。
警察組織には詳しくない私にも、28歳で警部補に昇進した合田雄一郎の苦悩が伝わってきました。

水野のような上級職と、自分のようなたたき上げのなかのエリートと、その他大勢という、似て非なるものの三段重ねで警察という組織は出来ている。そして、そのそれぞれに醜悪な日々があり、それぞれが外に対しては権力を振りかざし、内では上昇志向を剥き出しにして競り合いながら、それぞれの断層ではどこまでも交じり合うことがない。


読みごたえはありましたが、精神障害のあるの人間による連続猟奇殺人という設定が、私にはとても気になりました。

近所に知的障害のある子どもの通所施設があって、そこに通っている子どもたちと良く顔を合わせます。
そういう子どもたちが誤解されるような内容の小説は、それがフィクションだとわかっていても楽しめないなぁ、と思いました。
スポンサーサイト
2009.06.15 Mon
1994年7月15日発行

01068637.jpg

照柿(てりがき)とういのは、晩秋の西日を浴びた塾柿の色だそうです。

合田刑事が登場するシリーズで、「レディ・ジョーカー」のひとつ前の作品です。
登場人物が少ないので「レディ・ジョーカー」よりは楽に読めましたが、閉塞感の強い、どんよりと暗いミステリィーでした。
            **********************************
同僚の森と電車に乗っていた合田刑事は、電車のフロントガラス越しに跨線橋から赤い服の女性が落下するのを目撃した。落下する直前に赤い服の女と揉みあっていた男は逃走し、さらに青いスカートの女がその男を追うように走り去った。
電車をで降り、跨線橋の通路の壁に寄りかかっている青いスカートの女をみつけた合田は、会ったばかりのその女に強く惹かれるのを感じた。

同じ日の朝、バス停に立っていた「太陽精工株式会社羽村工場」に勤務する野田辰夫は、青いスカートをはいて歩いてくるひとりの女に目を止めた。
女は野田辰夫が結婚前に付き合っていた佐野美保子だった。
行き先を訊ねた野田辰夫に三保子は、居なくなった夫が見つかった、と応え足早に去って行った。
            **********************************
工場の溶鉱炉で働く人の気持ちが、追体験できます。
レンブラントの絵のように、ほの暗い世界のなかのところどころに鮮やかな色彩が印象的に使われている小説です。
私は、「レディ・ジョーカー」のほうが好きです。
2009.06.05 Fri
1997年12月5日発行   毎日新聞社  格1700円  
01476695.jpg  01476696.jpg

1998年度「このミステリーがすごい!」の国内版1位になった作品です。

高村薫は初めて読みました。
数年前ですが、テレビで高村薫が話しているのを見たことがあります。
女性を感じさせない硬質な雰囲気の容姿と話し方がとても印象的で、きっと私なんかでは歯が立たないような硬くて難しい小説を書いているに違いないと、高村薫の著作には手が伸びませんでした。

そんな印象だったのに、よっちゃんのお勧めで読んでみたら、読んでいる間ずっとこの小説が終わらなければ良いのに、と思うぐらい面白かったです。
          **********************************
青森県の貧しい小作農家の三男として生を受けた物井清三は、昭和22年、八戸の鋳物工場を解雇されのをきっかけに上京した。上野界隈でリヤカーを引きながらバタ屋をし、一年後やっと旋盤工の職に就き、4歳の娘を抱えた芳江と結婚した。家を売り貯金をはたいて薬局を買い取ったのは、物井清三が50歳のときだった。
1990年、物井清三の妻は既に他界し、娘の美津子は秦野浩之という歯科医に嫁いでいた。
その年の10月、孫の秦野孝之が日の出ビールの二次面接を終えた数日後に交通事故死し、11月には歯科医の秦野浩之が息子の後を追うように自殺した。物井清三は警察に呼ばれ、岡村清二について警察から質問を受けた。
岡村清二というのは、養子に行った物井清三の実兄だった。
息子の孝之が事故死した後、浩之は日の出ビールに手紙とテープを送りつけていた。そのテープは、岡本清二が日の出ビール宛てに書いた手紙を吹き込んだものだった。若い頃、日の出ビールの研究所に勤務していた岡村清二が、知人の解雇は部落差別によるものでは無いかと訴えている内容のテープだった。
そのことがきっかけとなり、物井清三は興信所に依頼し、音信不通になっていた兄・岡村清二の行方を探し始めた。
1994年5月に岡村清二が秋川の特擁老人ホームにいると確認されて以来、物井清三は一日置きに見舞いに訪れていた。
三ヵ月後、いつものように老人ホームを訪れた物井清三は、6人部屋のベッドで死んでいる兄を発見した。
頭の中で悪鬼の声を聞いた物井は、日の出ビールから金を搾り取ることを思いつき、競馬仲間を誘った。
          **********************************
登場人物の背景と心理が詳細に描かれているクオリティーの高い厚みのある小説でした。

7人の男性の視点が入れ替わりながら物語が進行していきます。
職種の異なるその7人の男性のなかで、私は物井さんが一番好きです。
自己の苦悩のなかで彷徨っている他の登場人物と比べて、物井さんは常に自分以外の誰かを気遣っています。
物井さんが犯罪に手を染めたのも、単なる私憤からではなく、世の中の理不尽さに対する怒りからのように感じました。
その物井さんの怒りは、弱者に心を寄せる著者の怒りでもあると思いました。
「レディ・ジョーカー」というタイトにも、そんな著者のスタンスが現れてるのではないかと思います。

物井さんを中心とした犯人グループに肩入れしながら読んでいたので、大満足の結末でした。
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。