未分類日記画集短歌池澤夏樹池田晶子石牟礼 道子井上荒野打海文三垣谷美雨奥田英朗梶尾真治鎌田慧熊谷達也佐藤正午重松清篠田節子青来有一瀬尾まいこ高木 彬光高村薫津本陽辺見庸広瀬正町田康三浦しをん水谷修宮部みゆき山崎ナオコーラ山本幸久渡辺球「考える人」編集部ジョン・アーヴィングアリス・アダムズマーガレット・アトウッドヤン・アベリランス・アームストロングロナルド・アンソニージェニファー・イーガンケルテース・イムレリュドミラ・ウリツカヤマーガレット・エドソンキム・エドワーズフラナリー・オコナーポール・オースターイタロ・カルヴィーノジョイス・キャロル・オーツフィリップ・グランベールフィリップ・クロデールイーサン・ケイニンクラウス・コルドンジョゼ・サラマーゴシルヴィー・ジェルマンアーダルベルト・シュティフターベルンハルト ・シュリンクジョン・スタインベックスタンダールジョーダン・ソーネンブリックソルジェニーツィンエイミー・タンイヴァン・ツァンカルリディア・デイヴィスアイザック・ディネーセン ヨハンナ・ティデルドストエフスキートルストイジョアン・ハリスメリッサ・バンクメイブ・ビンチージャック・フィニイケン・フォレットファニー・フラッグレイ・ブラッドベリタナ ・フレンチリチャード・ブローティガンヘルマン・ヘッセカーレド・ホッセイニアンドレイ・マキーヌロン・マクラーティエリザベス・マクラッケンカーソン・マッカラーズユベール・マンガレリスティーヴン・ミルハウザーマーシャ・メヘラーンモームジェフリー・ユージェニスK・J・ラミンフィリップ・ロスロイス・ローリードリス・レッシングマイク・レズニックノンフィクション・エッセイ他ローリングス海外ミステリー南米の作家
読書記録です。
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.07.21 Tue
2008年7月20日発行  光文社古典新訳文庫  971円 857円  952円 762円
    03023169.jpg  03023170.jpg  03041672.jpg  03061512.jpg
     
         *******************************
青年将校ヴロンスキーのプロポーズを待っていた貴族の娘キティーは、地主貴族リューヴィンからのプロポーズを断ってしまった。
ところがヴロンスキーは、兄の不倫の仲裁をするためにモスクワを訪れた美しい人妻アンナと恋に落ちてしまう。
物語はアンナとリューヴィンの二人を追いながら、別々に進んで行く。
         *******************************

新訳ということでとても読みやすい文章でしたが、主人公のアンナに興味が持てず、なかなか読み進んでいくことが出来ませんでした。
アンナは、今で言うと「魔性の女」です。
頭も良く、教養もあるのに、生きる目的が恋人のヴロンスキーに愛されることだけというアンナという女性に、私はあまり共感できませんでした。

アンナの物語と平行して語られる別筋のリューヴィンの物語がなかったら、途中で読むのを止めていたと思います。

北御門二郎によると、晩年のトルストイは『戦争と平和』や『アンナ・カレーニナ』などの自己の大作を否定していたそうです。
トルストイの民話、『復活』と晩年の作品から読み始めた私も、当時ロシアに1%しかいなかったという貴族階級の人々だけが登場する『アンナ・カレーニナ』には違和感を覚えます。
『アンナ・カレーニナ』に登場するのは支配階級にありながら、支配される側の人々を省みることが無い人々ばかりです。

作家の意図するところとは違いますが、何故、ロシアに革命が起きたのかが納得できる物語ではあると思います。
スポンサーサイト
2009.07.09 Thu
2005年5月31日発行  早川書房  各2300円
02537499.jpg  02537500.jpg

人間は自分の進む道を選び、そこを戦い抜いて、勝利することができる。(文中より)

人間は如何に生きるべきか、という大命題に、スタインベックが真正面から取り組んだ名作です。
苦悩、喪失感、孤独、喜び、愛、人間が生きていく上で感じるであろう全ての感情が、物語のなかに見事に描きださています。
死ぬまでに読んでおいたほうが良い本というのがあるとしたら、『エデンの東』は間違いなくそのなかに入る一冊です。
           ************************************
19世紀末のアメリカの二家族を、壮大なスケールで描いた物語。
コネチカットの農場で厳格な父に育てられ、心ならずも戦争に参加したアダム・トラスクは、退役後は目的を見失い腹違いの弟が待つ農場に帰ってきた。
キャシーという美女に出会ったことで、人生に新たな希望を見出したアダムは、カリフォルニア州サリーナスに新天地を求めて移り住んだ。
サリーナスに家族のための楽園を作りたいと夢見るアダムは、アイルランド移民のサミュエル・ハムルトンに援助を求めた。
           ************************************
ジェームス・ディーンの『エデンの東』は深夜映画で見たことがありましたが、映画は小説のほんの一部分に過ぎませんでした。

物語のなかには、いくつもの人生があります。
悪に染まった人生も、ひたすら善に向かおうとする人生もあります。
スタインベックはこの長い物語のなかで、人間は自分の考えで生き方を選択することできる、それこそが人間を人間たらしめているものの源である、と言っています。

本を読む醍醐味が、存分に味える一冊です。
2009.07.05 Sun
2003年1月23日発行  講談社  各684円
02276196.jpg  02276197.jpg

高村薫の直木賞を受作品です。

『マークスの山』は、合田雄一郎が登場するシリーズで、『照柿』の前の物語です。
         ***********************************
平成四年十月五日、都立大裏の路上で、畑山宏という暴力団員が頭をえぐられて殺された。
三日後の十月七日、王子の国家公務員住宅の前で、法務省刑事局次長の松井が、同じような凶器を使用して殺されているのが発見された。
捜査に当たっていた合田雄一郎をはじめとする強行犯捜査班3係の刑事たちは、畑山宏の弁護士林原と、殺された松井が同じ大学の山岳部に所属していたことをつきとめた。
         ***********************************
換気の悪い組織のなかで、いらだちを募らせつつ捜査に当たる刑事たちの姿が丁寧に描かれます。
警察組織には詳しくない私にも、28歳で警部補に昇進した合田雄一郎の苦悩が伝わってきました。

水野のような上級職と、自分のようなたたき上げのなかのエリートと、その他大勢という、似て非なるものの三段重ねで警察という組織は出来ている。そして、そのそれぞれに醜悪な日々があり、それぞれが外に対しては権力を振りかざし、内では上昇志向を剥き出しにして競り合いながら、それぞれの断層ではどこまでも交じり合うことがない。


読みごたえはありましたが、精神障害のあるの人間による連続猟奇殺人という設定が、私にはとても気になりました。

近所に知的障害のある子どもの通所施設があって、そこに通っている子どもたちと良く顔を合わせます。
そういう子どもたちが誤解されるような内容の小説は、それがフィクションだとわかっていても楽しめないなぁ、と思いました。
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。