未分類日記画集短歌池澤夏樹池田晶子石牟礼 道子井上荒野打海文三垣谷美雨奥田英朗梶尾真治鎌田慧熊谷達也佐藤正午重松清篠田節子青来有一瀬尾まいこ高木 彬光高村薫津本陽辺見庸広瀬正町田康三浦しをん水谷修宮部みゆき山崎ナオコーラ山本幸久渡辺球「考える人」編集部ジョン・アーヴィングアリス・アダムズマーガレット・アトウッドヤン・アベリランス・アームストロングロナルド・アンソニージェニファー・イーガンケルテース・イムレリュドミラ・ウリツカヤマーガレット・エドソンキム・エドワーズフラナリー・オコナーポール・オースターイタロ・カルヴィーノジョイス・キャロル・オーツフィリップ・グランベールフィリップ・クロデールイーサン・ケイニンクラウス・コルドンジョゼ・サラマーゴシルヴィー・ジェルマンアーダルベルト・シュティフターベルンハルト ・シュリンクジョン・スタインベックスタンダールジョーダン・ソーネンブリックソルジェニーツィンエイミー・タンイヴァン・ツァンカルリディア・デイヴィスアイザック・ディネーセン ヨハンナ・ティデルドストエフスキートルストイジョアン・ハリスメリッサ・バンクメイブ・ビンチージャック・フィニイケン・フォレットファニー・フラッグレイ・ブラッドベリタナ ・フレンチリチャード・ブローティガンヘルマン・ヘッセカーレド・ホッセイニアンドレイ・マキーヌロン・マクラーティエリザベス・マクラッケンカーソン・マッカラーズユベール・マンガレリスティーヴン・ミルハウザーマーシャ・メヘラーンモームジェフリー・ユージェニスK・J・ラミンフィリップ・ロスロイス・ローリードリス・レッシングマイク・レズニックノンフィクション・エッセイ他ローリングス海外ミステリー南米の作家
読書記録です。
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.05.18 Tue
イワン・デニーソヴィチの一日 (新潮文庫)イワン・デニーソヴィチの一日 (新潮文庫)
(1963/03)
ソルジェニーツィン

商品詳細を見る

「イワン・デニーソヴィチの一日」はいつか読もうと思っていた。
ソビエトの強制収容所の話だと知っていたので、気合を入れないと読めない重い作品なのではないかと、なかなか手が伸びなかった。
先日、ソビエトの収容所が舞台になっていた「「グラーグ57」を読んだ。
そこで、この機に乗じて、「イワン・デニーソヴィチの一日」も読んでみようと思った。

図書館で借りたのは昭和37年第一刷という古い訳の文庫本だった。
しかし思いのほか読みづらさは感じなかった。
あとがきによると、原作自体が吟味された簡潔な文体で書かれているという。
苦を感じずに読めたのは本の薄さや、そうした文体のせいばかりではない。
強制収容所という過酷な場に身を置きながら、主人公のイワン・デニーソヴィチは一日を実に生き生きと過ごしている。
イワン・デニーソヴィチは誇りを持って仕事に臨み、仕事の出来栄えに満足感を覚る。十分とは言えない食事にさえも喜びを見出す。

そんなふうに一日を幸せに終えたイワン・デニーソヴィチに対して、本を閉じた私は複雑な思いだった。
強制収容所に比べるとはるかに恵また環境に居ながら、私はイワン・デニーソヴィチのような充実感を持って一日を終えることは少ない。
強制収容所の囚人たちのように、生きることだけに集中して一日を過ごしていないせいだろうか。

ソルジェニーツィンの処女作である本書が出版されたのは、1962年。
ソビエトはフルシチョフの時代だ。
この作品を世に出そうとした編集者がフルシチョフ首相と直接面談し、作品を発表する許可を得たそうだ。
どの本も読む人によって受け止め方が異なるが、「イワン・デニーソヴィチの一日」は、特に多義な解釈が出来る作品だと思う。
トルストイの系譜のような作品でもあるし、物にあふれた現代の私たちに警鐘を鳴らす作品でもある。
スターリン亡後なおも生活が窮乏していた国民への、なんらかのプロパガンダとして「イワン・デニーソヴィチの一日」を利用しようという意図がフルシチョフにあったのかもしれないと詮索させるような作品でもある。

スポンサーサイト
2010.05.08 Sat
グラーグ57〈下〉 (新潮文庫)グラーグ57〈下〉 (新潮文庫)
(2009/08/28)
トム・ロブ スミス

商品詳細を見る
  
グラーグ57〈上〉 (新潮文庫)グラーグ57〈上〉 (新潮文庫)
(2009/08/28)
トム・ロブ スミス

商品詳細を見る


「チャイルド44」の続編なので登場人物は同じだが、本書からでも読める。
前作と同様、息をもつかせぬストーリー展開なのはむろん、今回は家族の絆を築きあげていく物語でもあるので、女性には「「チャイルド44」よりこちらのほうがお勧め。

「チャイルド44」から三年。
レオは新たに創設された殺人課の責任者となり、前作でも登場したネステロフと秘密裏に殺人の捜査に当たっていた。
レオとライーサの夫婦関係は修復され、前作の最後で養子に迎えたゾーヤとエレナ姉妹と一緒に暮らしている。
4歳で養子になった妹のエレナはレオとライーサに心を許しているが、当時10歳になっていた姉のゾーヤはレオを受け入れようとしない。
そんななかかつて社会保安省に勤務していた二人の男があいついで自殺をとげた。
二人の男は7年前の教会司教ラーザリの逮捕に関与していた。
ラザーリの逮捕は、国家保安省時代のレオが初めて経験した逮捕劇でもあった。神学校の卒業生になりすまし教会に入り込んだレオは、ラザーリの妻アニーシャとも関係を結んだ。
そのアニーシャも夫とともに逮捕され、強制収容所送りになった。
三年前に釈放されアニーシャは、フラエラと名を変えヴォリと呼ばれるならず者の一団を率いるリーダーへと変貌を遂げた。
国家と国家に尽くした人間たちへの復習を誓うフルエラが、もっとも苦しめたい相手はレオだった。

本のなかに「宗教とは、誰もが自分のことだけを考えていた時代の異物である。神とはひとえに凡夫のためのものだ」という一文がある。
スターリン時代のソビエトでは宗教弾圧がおこり、収容所送りになった教会関係者も大勢いたのだろう。
そういう社会的な事例が下地になっていることで、単に面白いだけは終わらない厚みのある物語になっている。

レオ・デミドフが主人公のシリーズは三部作で完成だそうだ。
最後の作品も楽しみだ。

2010.05.06 Thu
チャイルド44 上巻 (新潮文庫)チャイルド44 上巻 (新潮文庫)
(2008/08/28)
トム・ロブ スミス

商品詳細を見る
  
チャイルド44 下巻 (新潮文庫)チャイルド44 下巻 (新潮文庫)
(2008/08/28)
トム・ロブ スミス

商品詳細を見る


「このミステリーがすごい!2009年」で一位になった作品。
スターリン統治下のソビエト連邦が舞台になっている。

1933年のウクライナ。飢餓が蔓延する寒村で、幼い兄弟が猫を追って森に分け入った。食料として捕獲するためだった。
ところが、食料として森で捕獲されたのは、兄弟の兄のほうだった。

それから20年後。
国家保安省に勤務するレオは、列車にはねられて死んだとみらえる子どもの両親を説得していた。
子どもは事故死ではなく殺されたのだと両親は訴えたが、レオは耳をかさず、事故死だと言い含めた。
この社会に犯罪はない――という国家のタテマエに随従することが国に繁栄をもたらすと、レオは信じていた。
しかしレオが事故死として処理した子どもの死は、連続殺人事件の一環だったのだ。

主人公のレオはスターリン下のソビエト連邦国家保安省というなんともおぞましい機関に身を置きながら、国家の方針を少しも疑うことなく盲信し、任務を遂行していく。
災難が自分の身に振りかかって、初めてレオは物事を自分の目で見て、自分の頭で考えるようになる。

冒頭の、飢餓の村でのショッキングな出来事が、ミステリーのベースになっている。
言論が統制された国の国民ならでのは自己保身が事件を複雑にし、小説に独特の緊迫感生んでいる。
著者はイギリス人とスウェーデン人のハーフで1979年生まれ。
ロシアで実際に起きた連続レイプ殺人事件に着想を得たという。

「チャイルド44」執筆当時、著者ががまだ20代だったことを考えると、レオとライーサの誤解の上に成り立ってる夫婦関係をはじめ、さまざまな人間の関係性を捉える巧みさにも驚く。
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。