未分類日記画集短歌池澤夏樹池田晶子石牟礼 道子井上荒野打海文三垣谷美雨奥田英朗梶尾真治鎌田慧熊谷達也佐藤正午重松清篠田節子青来有一瀬尾まいこ高木 彬光高村薫津本陽辺見庸広瀬正町田康三浦しをん水谷修宮部みゆき山崎ナオコーラ山本幸久渡辺球「考える人」編集部ジョン・アーヴィングアリス・アダムズマーガレット・アトウッドヤン・アベリランス・アームストロングロナルド・アンソニージェニファー・イーガンケルテース・イムレリュドミラ・ウリツカヤマーガレット・エドソンキム・エドワーズフラナリー・オコナーポール・オースターイタロ・カルヴィーノジョイス・キャロル・オーツフィリップ・グランベールフィリップ・クロデールイーサン・ケイニンクラウス・コルドンジョゼ・サラマーゴシルヴィー・ジェルマンアーダルベルト・シュティフターベルンハルト ・シュリンクジョン・スタインベックスタンダールジョーダン・ソーネンブリックソルジェニーツィンエイミー・タンイヴァン・ツァンカルリディア・デイヴィスアイザック・ディネーセン ヨハンナ・ティデルドストエフスキートルストイジョアン・ハリスメリッサ・バンクメイブ・ビンチージャック・フィニイケン・フォレットファニー・フラッグレイ・ブラッドベリタナ ・フレンチリチャード・ブローティガンヘルマン・ヘッセカーレド・ホッセイニアンドレイ・マキーヌロン・マクラーティエリザベス・マクラッケンカーソン・マッカラーズユベール・マンガレリスティーヴン・ミルハウザーマーシャ・メヘラーンモームジェフリー・ユージェニスK・J・ラミンフィリップ・ロスロイス・ローリードリス・レッシングマイク・レズニックノンフィクション・エッセイ他ローリングス海外ミステリー南米の作家
読書記録です。
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.07.08 Thu
沼地の記憶 (文春文庫)沼地の記憶 (文春文庫)
(2010/04/09)
トマス・H. クック

商品詳細を見る

記憶シリーズの5作目で、今年出版された最新作。

シリーズと言っても続き物ではなく、シチュエーションも登場人物もまったく異なる物語である。
共通しているのは、過去の出来事が、現在起きている事件の重要なファクターになっている、という点だ。
記憶シリーズの登場人物たちの過去には、他人に知られたくない事情や過ちがある。
隠蔽された過去が暴かれる度、登場人物たちの姿も少しずつ明確になっていく。

クックのミステリィーのなかでも、私はこの記憶シリーズが好きだ。
事件が巻き起こった当初、人々の心のなか芽生えた激情は、時間とともに薄らいでいく。
薄らいで行きながら、長い時を経ても尚、忘れ去られずに人々の心に痕跡を残している。
クックによって細やかに作り上げられた背景のなかに、人間の背負っている哀しみや悔恨が滲んで見える。

あとがきに、トマス・H・クックへのインタビューが載っている。
タイトルに「記憶」と付けたのは日本の出版社だが、クック自身もそのタイトルが気に入っているようだ。

インタビューのなかでクックは自分の小悦について、
「細心の注意を払いながら、問題となる犯罪の一面を明かしてゆく。
次の一面、また別の一面、と物語を進めていき、最後にモザイク模様が形を成して、そこで読者は不意に、実際に起こったことは何であり、それが何故起こったのかを知るこちになる……そんな小説です」
と語っている。
まさにそんな物語である。

『沼地の記憶』では、アメリカ南部の小さな街レークランドが舞台になっている。
語り手のジャック・ブランチは現在グレート・オークスという屋敷に住んでいる一人暮らしの老人だ。
物語は、ジャック・ブランチがレークランド高校の教師だった1957年を振り返って語る形で進行していく。
1957年、ジャック・ブランチの教え子に殺人犯の父親を持つエディ・ミラーという少年がいた。
同級性の美少女が失踪した際、真っ先に警察から疑いをかけられたのがエディ・ミラーだった。
エディの文才に気がついたジャック・ブランチは、殺人を犯した父親についてレポートを書いてはどうか、と提案した。
レポートを書くために父親の過去を調べ始めたエディーは、思わぬところでブランチ家との繋がりを見つけだした。

スポンサーサイト
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。