未分類日記画集短歌池澤夏樹池田晶子石牟礼 道子井上荒野打海文三垣谷美雨奥田英朗梶尾真治鎌田慧熊谷達也佐藤正午重松清篠田節子青来有一瀬尾まいこ高木 彬光高村薫津本陽辺見庸広瀬正町田康三浦しをん水谷修宮部みゆき山崎ナオコーラ山本幸久渡辺球「考える人」編集部ジョン・アーヴィングアリス・アダムズマーガレット・アトウッドヤン・アベリランス・アームストロングロナルド・アンソニージェニファー・イーガンケルテース・イムレリュドミラ・ウリツカヤマーガレット・エドソンキム・エドワーズフラナリー・オコナーポール・オースターイタロ・カルヴィーノジョイス・キャロル・オーツフィリップ・グランベールフィリップ・クロデールイーサン・ケイニンクラウス・コルドンジョゼ・サラマーゴシルヴィー・ジェルマンアーダルベルト・シュティフターベルンハルト ・シュリンクジョン・スタインベックスタンダールジョーダン・ソーネンブリックソルジェニーツィンエイミー・タンイヴァン・ツァンカルリディア・デイヴィスアイザック・ディネーセン ヨハンナ・ティデルドストエフスキートルストイジョアン・ハリスメリッサ・バンクメイブ・ビンチージャック・フィニイケン・フォレットファニー・フラッグレイ・ブラッドベリタナ ・フレンチリチャード・ブローティガンヘルマン・ヘッセカーレド・ホッセイニアンドレイ・マキーヌロン・マクラーティエリザベス・マクラッケンカーソン・マッカラーズユベール・マンガレリスティーヴン・ミルハウザーマーシャ・メヘラーンモームジェフリー・ユージェニスK・J・ラミンフィリップ・ロスロイス・ローリードリス・レッシングマイク・レズニックノンフィクション・エッセイ他ローリングス海外ミステリー南米の作家
読書記録です。
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.03.16 Mon
1998年4月30日発行 扶桑社  各629円

ys.jpgiv.jpeg

同じ出版社の本なのに何故名前が違うのか解せませんが、モーヴ・ビンキーとメイブ・ビンチーは同一人物です。

ダブリンのあまり環境が良くない地域にあるマウンテン・ビュー高校でイタリア語の夜間クラスが始まりました。
そこに集まった人々を各章で一人ずつ取り上げて描いた連作の短編のような趣きの長編小説です。
        *************************************
もうじき49歳になるエイダン・ダンは、ライバルにマウンテン・ビュー高校の校長職を奪われた見返りとして、長年の夢だったイタリア語のイブニング・クラスを開く権利を勝ち得た。

シチリアの小さな村で静かに暮らしていたアイルランド人のノラ・オドナヒューは、村の人々からシニョーラと呼ばれていた。
シニョーラが恋人だったマリオを追って村にやって来たのは24歳のときだった。
マリオは村で許婚のイタリア女性と結婚したが、シニョーラはそのまま村に留まった。それから26年後、交通事故でマリオが他界したため、シニョーラはアイルランドへ戻ることにした。
26年ぶりにシニョーラが降り立ったのは、近代的な大都市へと様変わりしたダブリンだった。
家族とも疎遠になり、頼る人もいないダブリンで、シニョーラは自活の道を探るべくオープン・カフェのウエートレスに声をかけた。
        *************************************
大都市ダブリンで一人ぼっちのシニョーラはどうするんだろう、と夢中になって読みました。
環境も年齢も様々な人々がイブニング・クラスでイタリア語を学び、全員でイタリアへ旅行する計画を立てます。
そんなイブニング・クラスで、それぞれがイタリア語以外にも何かを学んで行きます。

期待を裏切られることで心地よさが感じられる小説もありますが、モーヴ・ビンキーの良さは読者の期待を裏ぎらないことにあると思います。
こんなに夢中になって、本のページをめくったのは久しぶりでした。大満足です。
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://minori181.blog28.fc2.com/tb.php/104-3e3c15fb
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。