未分類日記画集短歌池澤夏樹池田晶子石牟礼 道子井上荒野打海文三垣谷美雨奥田英朗梶尾真治鎌田慧熊谷達也佐藤正午重松清篠田節子青来有一瀬尾まいこ高木 彬光高村薫津本陽辺見庸広瀬正町田康三浦しをん水谷修宮部みゆき山崎ナオコーラ山本幸久渡辺球「考える人」編集部ジョン・アーヴィングアリス・アダムズマーガレット・アトウッドヤン・アベリランス・アームストロングロナルド・アンソニージェニファー・イーガンケルテース・イムレリュドミラ・ウリツカヤマーガレット・エドソンキム・エドワーズフラナリー・オコナーポール・オースターイタロ・カルヴィーノジョイス・キャロル・オーツフィリップ・グランベールフィリップ・クロデールイーサン・ケイニンクラウス・コルドンジョゼ・サラマーゴシルヴィー・ジェルマンアーダルベルト・シュティフターベルンハルト ・シュリンクジョン・スタインベックスタンダールジョーダン・ソーネンブリックソルジェニーツィンエイミー・タンイヴァン・ツァンカルリディア・デイヴィスアイザック・ディネーセン ヨハンナ・ティデルドストエフスキートルストイジョアン・ハリスメリッサ・バンクメイブ・ビンチージャック・フィニイケン・フォレットファニー・フラッグレイ・ブラッドベリタナ ・フレンチリチャード・ブローティガンヘルマン・ヘッセカーレド・ホッセイニアンドレイ・マキーヌロン・マクラーティエリザベス・マクラッケンカーソン・マッカラーズユベール・マンガレリスティーヴン・ミルハウザーマーシャ・メヘラーンモームジェフリー・ユージェニスK・J・ラミンフィリップ・ロスロイス・ローリードリス・レッシングマイク・レズニックノンフィクション・エッセイ他ローリングス海外ミステリー南米の作家
読書記録です。
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.04.20 Mon
2003年2月発行  岩波文庫  700円
02286408.jpg

タイトルどおり、森の小道・二人の姉妹という2篇が収めれた本です。
どちらも田舎に住んでいる裕福な男性が主人公です。
『石さまざま』にも同じような田舎のお金持ちが登場しました。
シュティフターが生きてい時代は、日本では江戸時代後期に当たります。
その時代の日本で、お金と時間に余裕があってあちこち旅行に出かける地主というのは考えにくいですが、ドイツ・オーストリア辺りにはそういう階級の人がわりと大勢いたのかもしれませんね。
          **************************************
『森の小道』
父と叔父から遺産を相続したティブリウスは、思いつくままバイオリンを弾いたり、絵を描いたり、さまざまなものを収集したりして暮らしているうちに病気になり、家にこもるようになってしまった。
そんななかティブリウスは医者の勧めで温泉に湯治に出かけることにした。
湯治先で、軽い散歩をするつもりで森の小道に入ったティブリウスは、しばらくすると方向を見失ってしまった。
『二人の姉妹』
ある請願をするためにウィーンに出かけた語り手の"私”は、旅の途中で黒服の青ざめた顔の男性と出会い、パガニーニ氏とあだ名を付けた。
ウィーンのホテルで再会した私とパガニーニ氏は親しく話をするようになり、ある日二人で劇場に出かけた。そこで、幼い姉妹が天才的なバイリオリンの演奏を披露するのを目にしたパガニーニ氏は私の隣で激しく涙を流し続けた。
その事情を訊かないまま私はパガニーニ氏と別れた。
数年後、旅行に出た私はパガニーニ氏の住まいを訪ねてみようと思い立った。
          **************************************
登場人物の心理が深いところまで掘り下げられていないので、読んでいると物足りさを感じるところもありますが、物語にはシュティフターならではの美意識が感じられ、水彩で描いた淡い色調の風景画を眺めているような気持ちになりました。
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://minori181.blog28.fc2.com/tb.php/118-cf6ead15
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。