未分類日記画集短歌池澤夏樹池田晶子石牟礼 道子井上荒野打海文三垣谷美雨奥田英朗梶尾真治鎌田慧熊谷達也佐藤正午重松清篠田節子青来有一瀬尾まいこ高木 彬光高村薫津本陽辺見庸広瀬正町田康三浦しをん水谷修宮部みゆき山崎ナオコーラ山本幸久渡辺球「考える人」編集部ジョン・アーヴィングアリス・アダムズマーガレット・アトウッドヤン・アベリランス・アームストロングロナルド・アンソニージェニファー・イーガンケルテース・イムレリュドミラ・ウリツカヤマーガレット・エドソンキム・エドワーズフラナリー・オコナーポール・オースターイタロ・カルヴィーノジョイス・キャロル・オーツフィリップ・グランベールフィリップ・クロデールイーサン・ケイニンクラウス・コルドンジョゼ・サラマーゴシルヴィー・ジェルマンアーダルベルト・シュティフターベルンハルト ・シュリンクジョン・スタインベックスタンダールジョーダン・ソーネンブリックソルジェニーツィンエイミー・タンイヴァン・ツァンカルリディア・デイヴィスアイザック・ディネーセン ヨハンナ・ティデルドストエフスキートルストイジョアン・ハリスメリッサ・バンクメイブ・ビンチージャック・フィニイケン・フォレットファニー・フラッグレイ・ブラッドベリタナ ・フレンチリチャード・ブローティガンヘルマン・ヘッセカーレド・ホッセイニアンドレイ・マキーヌロン・マクラーティエリザベス・マクラッケンカーソン・マッカラーズユベール・マンガレリスティーヴン・ミルハウザーマーシャ・メヘラーンモームジェフリー・ユージェニスK・J・ラミンフィリップ・ロスロイス・ローリードリス・レッシングマイク・レズニックノンフィクション・エッセイ他ローリングス海外ミステリー南米の作家
読書記録です。
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.05.25 Mon
平成20年11月30日発行  角川書店  1800円
02583680.jpg

精神科医伊良部シリーズとは趣を異にした重量感のあるクライムノベルです。
格差社会という言葉を実感として感ることも多くなった昨今ですが、オリンピックが開催された昭和39年の日本には、今とは比較にならないほど大きな社会格差があったようです。
著者は本書のなかに東京の裕福な家庭で生まれ育った須賀忠と、秋田の貧農出身の島崎国男という対照的な二人の青年を登場させ、当時の日本の格差を解り易く浮き彫りにしています。
          ******************************
昭和39年8月22日、警察幹部の屋敷にダイナマイトが仕掛けられ、小火騒ぎが起きた。
警視庁には草加次郎と名乗る人物から「オリンピックのカイサイをボウガイします」という脅迫状が送られてきた。
8月26日にも同じ人物から封書が届き、中野の警察学校宿舎の内部が爆破された。
脅迫文に使われた切り抜き文字が「無線と科学」という雑誌の3月号と判明し、警察がローラー作戦を敷くと、島崎国男という東大大学院生の名前が浮上してきた。
その島崎国男は、死んだ兄が働いていた建設現場で、慣れない重労働に汗を流していた。
9月に入ると、今度は建設中のモノレールの橋脚が爆破された。
          ******************************
読後、一番印象に残ったのは、オリンピックの開催に間に合うようにと建設現場で酷使されていた出稼ぎ労働者たちの様子でした。
いったいオリンピックが決まってから、東京でどれだけの人夫が死んだのか。ビルの建設現場で、橋や道路の工事で次々と犠牲者を出していった。新幹線の工事を入れれば数百人に上るだろう。
それは東京を近代都市として取り繕うための地方が差し出した生贄だ。
それならいっそのこと、オリンピックから身代白金を奪ってやろう、と考える主人公を生み出した奥田英朗に、私は「サウスバウンド」を読んで感じたような反骨精神を、再び感じました。
よっちゃん
オリンピックの光と影。現代人に訴えかけるいろいろなテーマが含まれていました。私はちょうどその時に大学3年生で東京に暮らしていましたから、主人公の思い、主人公とかかわるさまざまな人たち、それらがよくわかるような気がしました。

ところで読書候補にあった高村薫『新リア王』ですが、その前に『レディ・ジョーカー』をお勧めします。高山の最高傑作だと思っていますので。
2009.05.25 Mon 20:14 URL [ Edit ]
みのり
よっちゃん、おはようございます。
そうなんですか。
主人公と同じぐらいの年齢だったら、この小説のなかに描かれていることも、リアルに感じ取れるんでしょうね。
はい、物事には光が当たっている部分と、その影になっている部分があるんですね。
私はNHKの『プロジェクトX』が好きで良く見ていたんですが、黒四ダムにしても、青函トンネルの工事にしても大勢の犠牲者を出していたのに、光の当たっている部分しか見ていなかったんだなぁ――と、この小説を読みながら思いました。

高村薫はまだ読んだことが無いんですが、面白そうですね。
『レディ・ジョーカー』ですね。
それも読みます!
2009.05.26 Tue 08:49 URL [ Edit ]
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://minori181.blog28.fc2.com/tb.php/126-161800f6
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。