未分類日記画集短歌池澤夏樹池田晶子石牟礼 道子井上荒野打海文三垣谷美雨奥田英朗梶尾真治鎌田慧熊谷達也佐藤正午重松清篠田節子青来有一瀬尾まいこ高木 彬光高村薫津本陽辺見庸広瀬正町田康三浦しをん水谷修宮部みゆき山崎ナオコーラ山本幸久渡辺球「考える人」編集部ジョン・アーヴィングアリス・アダムズマーガレット・アトウッドヤン・アベリランス・アームストロングロナルド・アンソニージェニファー・イーガンケルテース・イムレリュドミラ・ウリツカヤマーガレット・エドソンキム・エドワーズフラナリー・オコナーポール・オースターイタロ・カルヴィーノジョイス・キャロル・オーツフィリップ・グランベールフィリップ・クロデールイーサン・ケイニンクラウス・コルドンジョゼ・サラマーゴシルヴィー・ジェルマンアーダルベルト・シュティフターベルンハルト ・シュリンクジョン・スタインベックスタンダールジョーダン・ソーネンブリックソルジェニーツィンエイミー・タンイヴァン・ツァンカルリディア・デイヴィスアイザック・ディネーセン ヨハンナ・ティデルドストエフスキートルストイジョアン・ハリスメリッサ・バンクメイブ・ビンチージャック・フィニイケン・フォレットファニー・フラッグレイ・ブラッドベリタナ ・フレンチリチャード・ブローティガンヘルマン・ヘッセカーレド・ホッセイニアンドレイ・マキーヌロン・マクラーティエリザベス・マクラッケンカーソン・マッカラーズユベール・マンガレリスティーヴン・ミルハウザーマーシャ・メヘラーンモームジェフリー・ユージェニスK・J・ラミンフィリップ・ロスロイス・ローリードリス・レッシングマイク・レズニックノンフィクション・エッセイ他ローリングス海外ミステリー南米の作家
読書記録です。
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.11.06 Fri
2004年6月1日発行  草思社  2200円

02446142.jpg

裁判員制度から始まってから、裁判に関係した本を読みたいと思っていた。
裁判が舞台になっている推理小説を図書館から借りて読んでみたが、求めていた内容とは違ったために、あまり面白く読めなかった。

『狭山事件――石川一雄、41年目の真実 』は裁判がメインになっている本ではないが、裁判員には選ばれたくないと思っていた私が、この本を読んで裁判員は必要かもしれないと思うようになった。

石川一雄さんは、女子高生を誘拐し殺害した罪で無期懲役の判決を受け、昭和38年に服役。平成3年に借出獄した。

有罪の決め手になったのは、自白だった。
石川さんは、取調では自白したものの、裁判では一貫して無実を訴えた。

一審では死刑、二審では無期懲役という判決が下された。
現在も石川さんは無罪を訴え続けているが、再審には到っていない。

石川さんはなぜ自分がやってもいない誘拐殺人を自白し、有罪になったのだろうか。
そこには被差別部落の出身で、小学校にも満足に通えなかったという石川さんの事情が根深く関与していた。

石川さんが容疑者となった埼玉県狭山市の誘拐殺人事件が起きたのは、吉展ちゃん誘拐事件の一ヶ月後だった。
吉展ちゃん事件での失策を挽回したい警察側は、狭山事件での犯人逮捕を急いだ。
警察側が目をつけたのは、被差別部落の若者たちだった。
被害者宅の近くには、被差別部落出身の経営者が営む養豚場があった。
石川さんは、その養豚場で半年ほど働いたことがあったのだ。

別件で逮捕された石川さんは、女子高生殺人容疑で再逮捕された。
それが弁護士に対する不信感となり、石川さんは弁護士よりも警察の言葉を信用すようになってしまった。

石川さんは、投獄されたいた31年間のあいだに文字を獲得し、それによって新たな自己を築き上げることができた。

石川さんが逮捕された昭和38年は、東京でオリンピックの前年だ。
そういう時代になっても、石川さんのように刑務所という場でしか勉強する機会を持てなかった人々がいたという事実に驚さかれる。

貧困と無知、そして非識字が、冤罪を押しつけさせた。
その恨みを、石川一雄は、奪われた文字を獲得し、刑事や検察や判事の論理を批判することが出来た。
それを、私は学ぶことの勝利と考えている。

あとがきでの、著者のこの言葉が、深く納得できる。
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://minori181.blog28.fc2.com/tb.php/141-7cd1c4c9
MAGICAL MYSTERY TOUR 狭山事件??石川一雄、41年目の真実   鎌田慧貧困と無知、そして非識字が、冤罪を押しつけさせた。 その恨みを、石川一雄は、奪われた文字を獲得し、刑事や検察や判事の論理を批判することが出来た。 それを、私は学ぶことの勝利と考えている。
御同朋 Blog/memorandum note 2009.12.20 Sun 15:35
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。