未分類日記画集短歌池澤夏樹池田晶子石牟礼 道子井上荒野打海文三垣谷美雨奥田英朗梶尾真治鎌田慧熊谷達也佐藤正午重松清篠田節子青来有一瀬尾まいこ高木 彬光高村薫津本陽辺見庸広瀬正町田康三浦しをん水谷修宮部みゆき山崎ナオコーラ山本幸久渡辺球「考える人」編集部ジョン・アーヴィングアリス・アダムズマーガレット・アトウッドヤン・アベリランス・アームストロングロナルド・アンソニージェニファー・イーガンケルテース・イムレリュドミラ・ウリツカヤマーガレット・エドソンキム・エドワーズフラナリー・オコナーポール・オースターイタロ・カルヴィーノジョイス・キャロル・オーツフィリップ・グランベールフィリップ・クロデールイーサン・ケイニンクラウス・コルドンジョゼ・サラマーゴシルヴィー・ジェルマンアーダルベルト・シュティフターベルンハルト ・シュリンクジョン・スタインベックスタンダールジョーダン・ソーネンブリックソルジェニーツィンエイミー・タンイヴァン・ツァンカルリディア・デイヴィスアイザック・ディネーセン ヨハンナ・ティデルドストエフスキートルストイジョアン・ハリスメリッサ・バンクメイブ・ビンチージャック・フィニイケン・フォレットファニー・フラッグレイ・ブラッドベリタナ ・フレンチリチャード・ブローティガンヘルマン・ヘッセカーレド・ホッセイニアンドレイ・マキーヌロン・マクラーティエリザベス・マクラッケンカーソン・マッカラーズユベール・マンガレリスティーヴン・ミルハウザーマーシャ・メヘラーンモームジェフリー・ユージェニスK・J・ラミンフィリップ・ロスロイス・ローリードリス・レッシングマイク・レズニックノンフィクション・エッセイ他ローリングス海外ミステリー南米の作家
読書記録です。
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.02.27 Wed
2007年11月25日発行 双葉社 1500円



文楽の世界を舞台にした連作の短編集です。
高校の修学旅行で大阪の国立文楽劇場を訪れた健(たける)は、何かがぶつかったような衝撃で目を覚ましました。健の身体に石がぶつかったような衝撃を与えたのは、笹本銀太夫という人間国宝の声でした。にわかに文楽に興味を抱いた健は、高校卒業後、文楽の研修所で学び、笹本銀太夫の弟子になりました。師匠の元で熱心に稽古を重ねて10年、健はとつぜん兎一郎という偏屈な三味線奏と組むようにと命じられました。
三浦しをんは、文章が上手いです。でも、何かが足りない、と読むたびに思うんですよ。ずしんと胸に迫ってくるものがないんです。著者の性格なのかもしれませんが、お行儀よく小さくまとまっている感じがして、物足りないです。

信兵衛
物足りなかったですか。
折角なのに残念でしたね。
私は「仏果を得ず」のあと、しをんさんの文楽鑑賞記「あやぶられ文楽鑑賞」を読んだのですけれど、「仏果」以上に「鑑賞記」の方が面白かったです。
 
2008.03.02 Sun 18:49 URL [ Edit ]
みのり
信兵衛さん、おはようございます。
これだけ文章が書ける人なのに、もったいないと思うんですよ。「生きている」ということに向き合う姿勢の底の浅さみたいなものが気になるんです。この人はもっと書けはずだ、と期待がすごく大きいので、がっかりするんだと思います。
2008.03.03 Mon 09:21 URL [ Edit ]
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://minori181.blog28.fc2.com/tb.php/19-7768e250
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。