未分類日記画集短歌池澤夏樹池田晶子石牟礼 道子井上荒野打海文三垣谷美雨奥田英朗梶尾真治鎌田慧熊谷達也佐藤正午重松清篠田節子青来有一瀬尾まいこ高木 彬光高村薫津本陽辺見庸広瀬正町田康三浦しをん水谷修宮部みゆき山崎ナオコーラ山本幸久渡辺球「考える人」編集部ジョン・アーヴィングアリス・アダムズマーガレット・アトウッドヤン・アベリランス・アームストロングロナルド・アンソニージェニファー・イーガンケルテース・イムレリュドミラ・ウリツカヤマーガレット・エドソンキム・エドワーズフラナリー・オコナーポール・オースターイタロ・カルヴィーノジョイス・キャロル・オーツフィリップ・グランベールフィリップ・クロデールイーサン・ケイニンクラウス・コルドンジョゼ・サラマーゴシルヴィー・ジェルマンアーダルベルト・シュティフターベルンハルト ・シュリンクジョン・スタインベックスタンダールジョーダン・ソーネンブリックソルジェニーツィンエイミー・タンイヴァン・ツァンカルリディア・デイヴィスアイザック・ディネーセン ヨハンナ・ティデルドストエフスキートルストイジョアン・ハリスメリッサ・バンクメイブ・ビンチージャック・フィニイケン・フォレットファニー・フラッグレイ・ブラッドベリタナ ・フレンチリチャード・ブローティガンヘルマン・ヘッセカーレド・ホッセイニアンドレイ・マキーヌロン・マクラーティエリザベス・マクラッケンカーソン・マッカラーズユベール・マンガレリスティーヴン・ミルハウザーマーシャ・メヘラーンモームジェフリー・ユージェニスK・J・ラミンフィリップ・ロスロイス・ローリードリス・レッシングマイク・レズニックノンフィクション・エッセイ他ローリングス海外ミステリー南米の作家
読書記録です。
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.04.14 Mon
2006年10月11日発行  PHP研究所  1600円

02718615.jpg
1990年に勃発したルワンダ紛争で多数派民族であるフツ族によって、100万人ものツチ族が虐殺されました。本書は、内戦のなかを生き抜いたツチ族の女性によって綴られたノンフィクションです。
1973年にフツ族の大統領政権に変わったころから、ルワンダでは人種差別政策が実施されるようになりました。
イマキューレが大学三年の1993年になると、フツ族のなかでツチ族への反発が強まり、インテラハムエというフツ民兵組織や過激派によるツチ族の虐殺が始まりました。非常時ということで大学の寮から実家に戻ってたイマキューレは家をインテラハムエに取り囲まれ、フツ族の牧師の家に逃げ込みました。イマキューレは牧師の家のトイレにツチ族の女性8人と一緒に、身動きもできない様な状態で、かくまわれることになりました。

昨日まで仲のいい隣人として過ごしてきた人々が、突然豹変し殺しあうようになる。そんな民族紛争は今も世界中のあちこちで続いています。その紛争のさなかには、ニュースや新聞の数行ではとても伝えらきれない残虐な行為も平然と行われているんだろうということが、この本を読んだことで容易に想像できるようになりました。

管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://minori181.blog28.fc2.com/tb.php/28-ac98bbe6
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。