未分類日記画集短歌池澤夏樹池田晶子石牟礼 道子井上荒野打海文三垣谷美雨奥田英朗梶尾真治鎌田慧熊谷達也佐藤正午重松清篠田節子青来有一瀬尾まいこ高木 彬光高村薫津本陽辺見庸広瀬正町田康三浦しをん水谷修宮部みゆき山崎ナオコーラ山本幸久渡辺球「考える人」編集部ジョン・アーヴィングアリス・アダムズマーガレット・アトウッドヤン・アベリランス・アームストロングロナルド・アンソニージェニファー・イーガンケルテース・イムレリュドミラ・ウリツカヤマーガレット・エドソンキム・エドワーズフラナリー・オコナーポール・オースターイタロ・カルヴィーノジョイス・キャロル・オーツフィリップ・グランベールフィリップ・クロデールイーサン・ケイニンクラウス・コルドンジョゼ・サラマーゴシルヴィー・ジェルマンアーダルベルト・シュティフターベルンハルト ・シュリンクジョン・スタインベックスタンダールジョーダン・ソーネンブリックソルジェニーツィンエイミー・タンイヴァン・ツァンカルリディア・デイヴィスアイザック・ディネーセン ヨハンナ・ティデルドストエフスキートルストイジョアン・ハリスメリッサ・バンクメイブ・ビンチージャック・フィニイケン・フォレットファニー・フラッグレイ・ブラッドベリタナ ・フレンチリチャード・ブローティガンヘルマン・ヘッセカーレド・ホッセイニアンドレイ・マキーヌロン・マクラーティエリザベス・マクラッケンカーソン・マッカラーズユベール・マンガレリスティーヴン・ミルハウザーマーシャ・メヘラーンモームジェフリー・ユージェニスK・J・ラミンフィリップ・ロスロイス・ローリードリス・レッシングマイク・レズニックノンフィクション・エッセイ他ローリングス海外ミステリー南米の作家
読書記録です。
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.05.28 Wed
2008年1月31日発行  ソニー・マガジンズ  2200円


ひとりの女性の子ども時代から30代までの、ところどころの日々を切り取った連作の短編小説です。主人公ソフィーと家族、女友達、恋人との関係をウィットにとんだ会話と文章で描いています。
翻訳家の力なのか、もとの元の文章がそうなのかはわかりませんが、翻訳本と感じさせないくらい読みやすいです。

冒頭はソフィーがヘブライ語を習いに行かされる子どものころのお話で、ユダヤ教に馴染みがないためあまり面白くなかったんですが、大人になったソフィーが男性と付き合うようになってからは、がぜん面白くなりました。恋する気持ちに国境はないですね。ぱっとしない大学を卒業したソフィーはニューヨークで仕事をみつけ、さまざまなタイプの男性と出会い、恋に落ちます。
自分にぴったり合った男性とは、なかなかめぐり合えないソフィーですが、最期には好きなことをしながら暮らしている今の自分の生き方に満足感を覚えます。

年下の恋人セスとあるパーティーに出かけたソフィーは、「もう帰りたいの合図をきめておいたほうがいいかも」と提案し、二人は手をぎゅぎゅぎゅと三回握る合図を決めます。パーティー会場に着いたとたんソフィーがセスの手を三回握ると、セスが4回握り返しました。「4回って、どういう意味?」と訊ねたソフィーにセスは「『僕・も・愛してる』って意味」と答えました。
ニューヨークに住んで、恋をしている気分になります。
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://minori181.blog28.fc2.com/tb.php/46-fa8edc4c
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。