未分類日記画集短歌池澤夏樹池田晶子石牟礼 道子井上荒野打海文三垣谷美雨奥田英朗梶尾真治鎌田慧熊谷達也佐藤正午重松清篠田節子青来有一瀬尾まいこ高木 彬光高村薫津本陽辺見庸広瀬正町田康三浦しをん水谷修宮部みゆき山崎ナオコーラ山本幸久渡辺球「考える人」編集部ジョン・アーヴィングアリス・アダムズマーガレット・アトウッドヤン・アベリランス・アームストロングロナルド・アンソニージェニファー・イーガンケルテース・イムレリュドミラ・ウリツカヤマーガレット・エドソンキム・エドワーズフラナリー・オコナーポール・オースターイタロ・カルヴィーノジョイス・キャロル・オーツフィリップ・グランベールフィリップ・クロデールイーサン・ケイニンクラウス・コルドンジョゼ・サラマーゴシルヴィー・ジェルマンアーダルベルト・シュティフターベルンハルト ・シュリンクジョン・スタインベックスタンダールジョーダン・ソーネンブリックソルジェニーツィンエイミー・タンイヴァン・ツァンカルリディア・デイヴィスアイザック・ディネーセン ヨハンナ・ティデルドストエフスキートルストイジョアン・ハリスメリッサ・バンクメイブ・ビンチージャック・フィニイケン・フォレットファニー・フラッグレイ・ブラッドベリタナ ・フレンチリチャード・ブローティガンヘルマン・ヘッセカーレド・ホッセイニアンドレイ・マキーヌロン・マクラーティエリザベス・マクラッケンカーソン・マッカラーズユベール・マンガレリスティーヴン・ミルハウザーマーシャ・メヘラーンモームジェフリー・ユージェニスK・J・ラミンフィリップ・ロスロイス・ローリードリス・レッシングマイク・レズニックノンフィクション・エッセイ他ローリングス海外ミステリー南米の作家
読書記録です。
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.08.30 Sat
2008年8月10日発行  白水社 1800円



2003年に「メディシス賞」、2005年に「アジア地区の高校生が選ぶセガレン賞」を受賞しています。
フリップ・ロスのところで駄弁な作家とだ書きましたが、ユベール・マンガレリの本に登場するのは、殆どが寡黙な人々です。発っせられた言葉そのものより、言葉の周辺や奥にあるものを、情景のなかで表現しようとする作家です。
女性には興味が持ちずらい表題の本ですが、戦闘シーンなどは殆どなく、人との出会いが淡々とした文章で綴られています。戦争を題材にした小説が苦手な私でも抵抗なく読めました。

作品のなかでは詳しく語られていませんが、あとがきによると、舞台になったのは1919年のロシア戦線です。
ロシア赤軍に入隊した語り手のベニヤは、進軍を続けるなかで、三人の仲間と出会いました。それは天涯孤独のベニヤにとって、他人と親密な関係を築いた初めての体験でした。物資がと乏しく、厳しい野営地の生活のなかでも、彼らは楽しみを見つけ、思い出を積み上げていきます。そんな四人に一人の少年兵が加わりました。いつもノートに文字を書きつらねている少年を見て、四人は自分達のことをノートに書いて欲しいと望みました。

親しい人の傍で、ただじっとしている。そんなときの静かで満ちたり気分を思い起こさせてくれる一冊です。



管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://minori181.blog28.fc2.com/tb.php/70-e215e12e
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。